SEO対策

一般的にSEO対策は、ほかのWebサイトからリンクを張ってもらう外部対策と、 Webサイ トのコンテンツや構造、 HTMLソースを調整する内部対策に分けられます。 サーバやドメイン周りの施策を「環境対策」と呼び、 3分野に分けて解説します。
外部対策とは、他サイトからのリンク (外部リンク)を集める対策を指します。 外部リンクが多く張られているWeb サイトやコンテンツは、検索エンジンに何かしら「人気を集めている」と判断され、評価が高まること にもとづく対策です。長らく SEO対策の主役であり 、SEO業者に対策を依頼すると、この外部対策が行われるのが一般的でした。しか し、あまりに普及し、価値のないコンテンツが検索結果の上位に表示されるようになってしまったため、検索エンジンは本質に戻り、外部リンクの評価を下げるとともに、コンテンツ自体の評価を高める方向に変化してきています。

内部対策とは、検索工ンジンの評価するコンテンツを作成し、それがより早く正
確に検索エンジンに伝わるようにする対策です。コンテンツの中身を正確に評価することは非常 に難しいため、今までは外部リンクの数などが高く評価されてきました。しかし、利用者が求めるコンテンツを提示することに価値のある検索エンジンは、技術の進歩にともないコンテンツの中身を正確に評価できるようになってきており、コンテンツ の出来でWeb サイトを評価する傾向が強まっています。
一般的には内部対策に含まれますが、あまり議論されないのが環境対策です。環境対策はWebサイトを運営する環境を整える対策であり、頑張りに比例して効果が高まるものではありませんが、疎かにするとほかの対策の効果も打ち消しかねない大切なものです。また、途中で環境を変更するには大きな労力が必要となるので、慎重に対応しましょう。具体的には、 Webページの表示速度に関わるサーバーの処理能力、 ドメインを購入してからの利用期間であるドメイン工イジ、スマートフォンやタブレッ卜などの複数のデバイスへの表示対応芯どが環境対策に含まれます。