SEO対策の弱点

Webサイトにとって、非常に大きな力となるSEO対策ですが、SEO対策にも弱点はあります。その弱点を確認ししっかりと解決策を理解することで、より確実に成果を上げられるようにしましょう 。
効果が出るまでに一定の時間が必要です。 一般的に、 Webサイトはリリース後半年ほどはなかなか評価が高まりません。なぜなら、無数にあるWebサイトの中から、検索エンジンが新しいWeb サイトを見つける までには時間が必要であり、また一定以上の期間運用できているWeb サイトのほ うが、多くの人が利用し、支持しているとされ、高い評価が与えられるためです。解決策としては、評価が高まらない時期は広告を併用するか、個人サイトなどから、人が来ないことを逆手にとり、少し不備があってもできるだけ早く公開してしまうことで、「時間」という評価を稼ぐ方法があります。
SEO対策に限ったことではありませんが、 SEO対策にも、狙いたいキーワードの検索件数が少なすぎたり、ライバルとなるWeb サイトが強すぎたりと、対応しきれない環境要因があります。しかし、 SEO対策ではさまざまな関連データを簡単に取得できるため、反対に検索件数が多く、ライバルの弱いキーワードを探すこともできます。
基本的に検索エンジンは、意図的に検索結果を操作するすべての行為を禁じています。 そのため、検索結果に影響を及ぼしうる、 検索順位の決め方などのSEO 対策につながる情報は、トップシークレットであり絶対に教えてくれません。つまり、検索エンジンに最適化するためすべての方法論はあくまでも「仮説」の域を出ません。