カテゴリー: Uncategorized

スケジュールは誰が何をいつまでにが基本

Web制作を請け負うために必要となる提案書。明記すべき事項は多々ありますが、中でも重要と言われているのがスケジュール。実際に作成段階でいろいろ苦慮する場面に遭遇すると言われています。

そこで事前に擬似体験として、適当な実績案件をサンプルとしてスケジュールを実際に作ってみるということをお勧めします。

スケジュール作成の基本となるのは、まずゴールという指定完了期日。開始から各作業の予定工数と確保できる人数を勘案して必要日数を算出していきますが、指定期日までに完了できないことが明白となれば、増員(外部委託含め)や可能であれば作業の一部オーバーラップも検討課題にいれて再度見直します。

ほか大切なのが各タスク間に想定外の事情が発生すると見越し吸収期間を設けるなどの工夫も必要かもしれません。

スケジュールはプロジェクトの縮図

Web制作の提案書には必須とされるスケジュール。単に予定が明記されていれば良いというだけでなく、納入期日を共有するものであり、そこまでの各作業の進捗とその相関関係をも示すまさにプロジェクトマネジメントの縮図ともなるものだからと言われています。

ということは予定だからと安易に記載していいものでもなく、とはいってもいきなり最初から詳細なスケジュールが組めるわけでもありません。

まずは大まかな節目をおさえたスケジュールを作ったうえで詳細へと踏み込んでいくのが常道と言えるでしょう。ここでどうしても読めない部分があれば予備日などを設けることで後へ持ち越さない工夫も必要でしょう。

このスケジュールが理にかなったものとなっているかどうかが依頼する側にとって不安材料となるか安心材料となるかの分れ目と言ってもいいかもしれません。

プレスリリースサイト 登録

プレスリリースを出すのは大企業と考えられる時代は終わりました。 現在は誰であろうと、プレスリリースを利用可能です。

企業や会社が報道機関(新聞社・出版社・放送局)に向けて新商品や新サービスなどを情報発信することを 「プレスリリース」と言いますが、インターネットを利用すると、誰でも新製品や新サービスのプレスリリースが可能になります。ポイントは、プレスリリースとして紹介されるたび、紹介元のサイトのリンクが表示される、という点です。

メディアが運営しているページで紹介されるかもしれませんし、さらにメディアから個人客へと紹介されれば、プレスリリースの内容を気に入ってくれたユーザーがサイト上で紹介してくれる可能性もあります。

つまり、プレスリリ ースを利用すると、紹介された先からのリンクでSEO対策効果が見込めると同時に、リンクを辿ってやってくるアクセス、口コミによる情報の拡散まで見込めるわけです。商品やサービスを販売しているのであれば、ぜひプレスリリースを利用してみましょう。

◎格安SEO対策の相談は東京SEOメーカーがおすすめです。

SEO「ユーザー目線」

WEBサイトの運用を考えるなかで将来のSEO対策とはどのような手法が取り組まれているのでしょうか。

現在SEO対策は、良質なコンテンツを作成することなどが求められており、その他のWEB広告、リスティング広告、ディスプレイ広告、ショッピング広告などと組み合わせる形で運用されている方々が一般的であるようです。

SEOなる対策が行われはじめた時点では、検索エンジンの弱みにつけいるような小手先の対策が主流であったようですが、検索エンジンの技術的な進歩にともない、本質的に優れたWEBサイトが正当に評価されることで、その対策における手法にも大きな変化がうまれはじめたようです。

その基準は「ユーザー目線」であるようなのです。

SEO環境対策とは

SEO対策において「環境対策」とはどのようなものでしょうか。SEOの手法とされる「環境対策」は、内部対策の一環とされWEBサイトを運営するなかではドメインエイジ、スマートフォンをはじめとする多種に渡るデバイスへの対応などが求められてくるようです。

このような環境対策を行うことで飛躍的な目に見えた効果は期待できないなどと専門家たちは述べておりますが、実際にサイト運営を行うなかで環境対策をおろそかにすることは、他の対策の効果を半減させてしまうことも考えられるようなのです。

SEOはあらゆる対策の総合的な対策の相乗効果が成果につながっていると考えられます。多岐に渡るSEOのなかから皆さんの運営されるWEBサイトに適したプロモーション活動の図式を模索してみましょう。

グローバルメニューはテキストで

目標ページへのリンクは、目標キーワードのテキストリンクで設定していきましょう。WordPressのカスタムメニュー機能を使うのがオススメです。画像でリンクボタンを設置するときは、alt属性に目標キーワードを設定するのを忘れないようにしましょう。カスタムメニュー機能で制作すれば、簡単にメニューの設定や並べ替えが行えます。管理画面でドラックアンドドロップで、簡単に順位の変更もできます。トップページには、オリジナルのテキストが必要となります。デザインとSEO、どちらも捨てることはできません。どちらも両立できるように頑張りましょう。SEOというのは手法です。目的になってはいけないものです。必ず、自分のウェブページを見てくれるユーザーが、どのような印象を持つかを常に考えてコンテンツを作っていきましょう。

Googleにとっての品質改善

Googleは、ユーザーの検索語に対して、関連性の高いウェブページを複数提示してくれます。私達は、その中から良さそうなウェブページを選択します。そうして私達は、クリックや滞在時間をGoogleにフィードバックしているのです。私達は知りたいことを、検索窓に検索語を入力します。その際、私達はどのような検索語を入力したら、最も良い結果が得られるのかを、ある程度予測できるようになりました。「この言葉とこの言葉を入れたら見つかるだろう」という感覚です。Googleにとって品質の改善というのは、この感覚に対して、新しいウェブページを提案するということだといえます。私達にとってより良いウェブページを提案してくれたら歓迎されるはずです。反対に全く意図しないウェブページが提案されることもあるのではないかと思います。

SEO・リンク対策重要なまとめ

リンク対策で5つの重要なポイントをまとめます。「リンク対策は、ユーザーとGoogleからの真の評価を受けるために行います」「コンテンツに自信が持てたら、積極的にリンク対策を行いましょう」「質の高い被リンクと、質の低い被リンクの両方が必要です」「セカンドブログを運用して、質の高い被リンクは自分で作りましょう」「Googleはすべてお見通しです」。WordPress−SEOのリンク対策は、日本語運営オールドドメインを取得して、IP分散サーバーを契約して、セカンドブログを運用する、といった手間のかかるものです。それでも、それに見合う効果が期待できるので、頑張りましょう。現在の検索順位は、Googleがとても長い時間をかけて作ったものです。私達が検索しているのは、Googleとの信頼関係があるからといえます。

ユーザーにとっての利益あるSEO

「SEO」とは、皆さんのサイト情報に何らかの関係性のある「キーワード」が、Googleなどの検索エンジンに入力されたのちに、検索結果として表示されるサイトの上位にくるようになんらかの操作を行うことを言うようです。何らかの操作とは、検索エンジンの上位に表示されるための要素をサイトコンテンツに工夫して盛り込むことを示しています。実際に「SEO」を試みたからといって必ずしも検索エンジンの上位に表示されるとは限りません。類似するライバル商品の会社も同様に検索エンジンの上位表示を狙っているはずですから、「SEO」対策を試みたからといってそう易々とは、アクセス数を稼ぐことにはつながらないのです。「SEO」が世に知られはじめた頃、多くのサイトではサイト情報とは異なるキーワードをコンテンツに盛り込むことで検索エンジンの上位表示をねらっていたこともあったようです。サイト情報とは全く関連がなくとも特定のキーワード、例えばアダルト関連のワードを盛り込むことで上位表示を狙うことができた時期もあったようなのです。そのようなユーザーの意図しないSEOは、Googleなどの検索エンジンを運営する側としては、排除するべき事柄として長年に渡り問題提起されてきたことから、昨今ではユーザーの不利益となり得るサイト運営は検索エンジンの上位表示から外されるような仕組みが構築されはじめたのです。

検索エンジンってなに?

SEO対策を行う上で、よく陥りがちなのが、検索結果で飛び込んだページがトップページで、お客さんが探している商品やサービスが、すぐに見つからないというケースである。例えば、パソコンを探しているお客さんが「パソコン」という検索キーワードで検索をして、検索結果で上位表示されているパソコンのネットショップに飛び込んだとしよう。 たどり着いたところはお店の「トッページ」で、カメラやビデオなどの商品が目に付くが、肝心の 「パソコン」がみあたらない。どのバナーをクリックしたら見られるのかまったく分からず結局、どこに欲しいタイプのPCが売っているのか分からず、せっかく訪れた お客さんは、また別のPCのネットショップを探しにいってしまうのである。 このように、検索キーワードを経由しせっかくホームページに飛び込んできても、お客さんが何も考えずに次のアクションを取れるようなホームページを用意しなくては、どんどん他のホームページに飛んでいってしまうのである。