カテゴリー: Uncategorized

売上アップにつながるサイト制作

口コミで自分の会社にあった業者を紹介してもらいましょう。売り上げアップにつながる実績のある業者とつきあいましょう。

大事なことは、業者を選んで成功するのも失敗するのも自分の責任と考えることです。その上で、結果を出していくのが大切です。

人のせいにするのはいけません。解析と改善が得意だと、サイトの改善や売り上げアップが望めます。制作業務全般は弱いかもしれません。

企画と集客が得意な会社は、デザインやプログラムが弱いと言われています。トータルサポートが得意な会社はすべて一括して依頼できます。

掘り下げた取り組みのほうは弱いようです。広告代理店は、紙媒体を含めた広告全般に強いですが、サイトの制作やネットの集客は弱いと思われます。

サイトの制作を請け負っている会社でどの分野が得意なのか、っ自分の責任で見極めましょう。

WEBサイト制作の下準備

サイト制作の前に下準備が必要です。需要のあるキーワードを入念に調査しましょう。そのあとに、複数の競合サイトのコンテンツとアピール内容を確認します。差別化できるポイントをまとめましょう。競合に勝てるサイトを作り上げることです。目的のキーワードの月間検索数を調査しましょう。目的のキーワードとサジェストキーワードの検索結果をチェックしましょう。競合となる上位20サイトの取り組みを確認しましょう。差別化できるポイントをまとめておきましょう。GoogleキーワードプランナーやGoogleトレンドで需要のあるキーワードを探すのも大切です。Googleが提供するキーワードプランナーを使うと、自分の商品、サービスについて需要がありそうなキーワードの月間検索ボリュームの目安を知ることができるので、ぜひ、活用しましょう。

温かさを表す色

真撃な温かさを表す
アクセントカラーに赤を置き、アクセントカラーと補 色に近い色彩をうまく取り合わせたスタイルは、赤が 効果的に引き立ってみえる。とくに真撃なメッセージ、 を赤で示すと、単なるシリアスさとは違う「余裕のある 真剣さ」といった複合的なイメージも表現できるだろう。 取り合わせる補色、あるいは色相差のある色彩は色 みを抑えた中間色となっていることが望ましい。アースカラーのように有機的なイメージをもつ色を使うと落ち 着いた感じがより強まる。

日本語運営オールドドメインを取得する手順

日本語運営オールドドメインを自分で探して取得する4つの手順を紹介します。「①ドメインを探す、②購入できるか調べる、③過去の運営サイトを調べる、④ドメインを取得する」ただし、日本語運営オールドドメインは、必ず取得できるものではありません。タイミングによっては取得できない場合もあります。粘り強く探してみることをおすすめします。期限切れ直前のドメイン及び期限切れのオールドドメインを紹介しているウェブサイトがあります。ネットで検索してみましょう。会員登録制のところも多く、入会費、退会などについては、ウェブサイトを確認してください。そういったサイトは、会員登録を行うと、ドメインやページランクなどでドメインを検索することができるようになります。表示された一覧の中から、日本語運営オールドドメインを探します。

SNSの活用とマーケティング

近年のスマートフォンの普及はネット上でのPCユーザーの減少を招いているようなのですが、このような社会的な情勢の変化は、マーケティングの世界においてどのような影響をもたらすのでしょうか。スマートフォンの普及やSNS人口の増加は、主に一般消費者を対象としたB to Cの商品流通のあり方に大きな変化を与えているようなのです。スマートフォンを所有する人びとがスマホを利用して操作する割合の多くをSNS利用に当てている現状を踏まえますと、SNSを活用したマーケティングを行うことが何よりも商品やサービスの販売促進につながると考えるのが打倒なような気もしてきます。WEBサイトを利用するユーザーたちの足取りを追ってみてもスマホ経由でのアクセス数の伸び率が高いことからスマートフォンとSNSがマーケティングの成功のカギを握っているようです。

スケジュールは誰が何をいつまでにが基本

Web制作を請け負うために必要となる提案書。明記すべき事項は多々ありますが、中でも重要と言われているのがスケジュール。実際に作成段階でいろいろ苦慮する場面に遭遇すると言われています。

そこで事前に擬似体験として、適当な実績案件をサンプルとしてスケジュールを実際に作ってみるということをお勧めします。

スケジュール作成の基本となるのは、まずゴールという指定完了期日。開始から各作業の予定工数と確保できる人数を勘案して必要日数を算出していきますが、指定期日までに完了できないことが明白となれば、増員(外部委託含め)や可能であれば作業の一部オーバーラップも検討課題にいれて再度見直します。

ほか大切なのが各タスク間に想定外の事情が発生すると見越し吸収期間を設けるなどの工夫も必要かもしれません。

スケジュールはプロジェクトの縮図

Web制作の提案書には必須とされるスケジュール。単に予定が明記されていれば良いというだけでなく、納入期日を共有するものであり、そこまでの各作業の進捗とその相関関係をも示すまさにプロジェクトマネジメントの縮図ともなるものだからと言われています。

ということは予定だからと安易に記載していいものでもなく、とはいってもいきなり最初から詳細なスケジュールが組めるわけでもありません。

まずは大まかな節目をおさえたスケジュールを作ったうえで詳細へと踏み込んでいくのが常道と言えるでしょう。ここでどうしても読めない部分があれば予備日などを設けることで後へ持ち越さない工夫も必要でしょう。

このスケジュールが理にかなったものとなっているかどうかが依頼する側にとって不安材料となるか安心材料となるかの分れ目と言ってもいいかもしれません。

プレスリリースサイト 登録

プレスリリースを出すのは大企業と考えられる時代は終わりました。 現在は誰であろうと、プレスリリースを利用可能です。

企業や会社が報道機関(新聞社・出版社・放送局)に向けて新商品や新サービスなどを情報発信することを 「プレスリリース」と言いますが、インターネットを利用すると、誰でも新製品や新サービスのプレスリリースが可能になります。ポイントは、プレスリリースとして紹介されるたび、紹介元のサイトのリンクが表示される、という点です。

メディアが運営しているページで紹介されるかもしれませんし、さらにメディアから個人客へと紹介されれば、プレスリリースの内容を気に入ってくれたユーザーがサイト上で紹介してくれる可能性もあります。

つまり、プレスリリ ースを利用すると、紹介された先からのリンクでSEO対策効果が見込めると同時に、リンクを辿ってやってくるアクセス、口コミによる情報の拡散まで見込めるわけです。商品やサービスを販売しているのであれば、ぜひプレスリリースを利用してみましょう。

◎格安SEO対策の相談は東京SEOメーカーがおすすめです。

SEO「ユーザー目線」

WEBサイトの運用を考えるなかで将来のSEO対策とはどのような手法が取り組まれているのでしょうか。

現在SEO対策は、良質なコンテンツを作成することなどが求められており、その他のWEB広告、リスティング広告、ディスプレイ広告、ショッピング広告などと組み合わせる形で運用されている方々が一般的であるようです。

SEOなる対策が行われはじめた時点では、検索エンジンの弱みにつけいるような小手先の対策が主流であったようですが、検索エンジンの技術的な進歩にともない、本質的に優れたWEBサイトが正当に評価されることで、その対策における手法にも大きな変化がうまれはじめたようです。

その基準は「ユーザー目線」であるようなのです。

SEO環境対策とは

SEO対策において「環境対策」とはどのようなものでしょうか。SEOの手法とされる「環境対策」は、内部対策の一環とされWEBサイトを運営するなかではドメインエイジ、スマートフォンをはじめとする多種に渡るデバイスへの対応などが求められてくるようです。

このような環境対策を行うことで飛躍的な目に見えた効果は期待できないなどと専門家たちは述べておりますが、実際にサイト運営を行うなかで環境対策をおろそかにすることは、他の対策の効果を半減させてしまうことも考えられるようなのです。

SEOはあらゆる対策の総合的な対策の相乗効果が成果につながっていると考えられます。多岐に渡るSEOのなかから皆さんの運営されるWEBサイトに適したプロモーション活動の図式を模索してみましょう。