カテゴリー: Uncategorized

ユーザーにとっての利益あるSEO

「SEO」とは、皆さんのサイト情報に何らかの関係性のある「キーワード」が、Googleなどの検索エンジンに入力されたのちに、検索結果として表示されるサイトの上位にくるようになんらかの操作を行うことを言うようです。何らかの操作とは、検索エンジンの上位に表示されるための要素をサイトコンテンツに工夫して盛り込むことを示しています。実際に「SEO」を試みたからといって必ずしも検索エンジンの上位に表示されるとは限りません。類似するライバル商品の会社も同様に検索エンジンの上位表示を狙っているはずですから、「SEO」対策を試みたからといってそう易々とは、アクセス数を稼ぐことにはつながらないのです。「SEO」が世に知られはじめた頃、多くのサイトではサイト情報とは異なるキーワードをコンテンツに盛り込むことで検索エンジンの上位表示をねらっていたこともあったようです。サイト情報とは全く関連がなくとも特定のキーワード、例えばアダルト関連のワードを盛り込むことで上位表示を狙うことができた時期もあったようなのです。そのようなユーザーの意図しないSEOは、Googleなどの検索エンジンを運営する側としては、排除するべき事柄として長年に渡り問題提起されてきたことから、昨今ではユーザーの不利益となり得るサイト運営は検索エンジンの上位表示から外されるような仕組みが構築されはじめたのです。

検索エンジンってなに?

SEO対策を行う上で、よく陥りがちなのが、検索結果で飛び込んだページがトップページで、お客さんが探している商品やサービスが、すぐに見つからないというケースである。例えば、パソコンを探しているお客さんが「パソコン」という検索キーワードで検索をして、検索結果で上位表示されているパソコンのネットショップに飛び込んだとしよう。 たどり着いたところはお店の「トッページ」で、カメラやビデオなどの商品が目に付くが、肝心の 「パソコン」がみあたらない。どのバナーをクリックしたら見られるのかまったく分からず結局、どこに欲しいタイプのPCが売っているのか分からず、せっかく訪れた お客さんは、また別のPCのネットショップを探しにいってしまうのである。 このように、検索キーワードを経由しせっかくホームページに飛び込んできても、お客さんが何も考えずに次のアクションを取れるようなホームページを用意しなくては、どんどん他のホームページに飛んでいってしまうのである。

AI導入前の小売店の実態

登山靴製造販売の老舗として知られ、2018年半ばにはスキー用品、登山用品の専門店として32の店舗を全国展開している小売業へのAI導入事例についてご紹介します。同社ご担当者のお話では、「経験とカンだけでなく、数字に基づく議論・経営が必要」 と感じ、「その課題をAI導入で解決できないか」 と考えておられたようです。それまでの通常小売店では、実際の来店客数、導線(回遊)、お客様の属性がわからなければ、「なぜ売れなかったのか」「自社のメインの顧客はどういう層なのか」などの重要な課題について、「数字の根拠(エピデンス)」 に基づいて検討したり仮説を立てることが望めず、暖昧なままです。同店でも、従来は社内にさまざまな相反する意見があったといいます。たとえば、「ウチの常連のお客様は、昔から〇歳台だ。そこにもっと深くフォーカスすべき」という意見もあれば、「いや、従来の層に拘泥せず、これまで取り込めなかった新しい顧客層も取り込む施策が必要」という意見もある、といった具合です。このような議論は同店に限らず、どの企業でもよく見られるものです。問題はどちらの施策を採ったほうが効率的によいのか、売上がアップするのか。それがこれまでは経験やカンにもとづいて言い争うだけで、「数字の裏付け」「ファクト・データ」で議論できていなかったわけです。また、それを実証してみたくても、POSデータでは「レジでの購買後」のデータしか取れない現実がありました。

プレスリリース配信サービスの特徴

“プレスリリースの配信サービスを利用すれば3万円前後で、多くの媒体に一斉配信することができます。
しかし、リリースの内容があまりにもつまらなければ、数社しか掲載してもらえなかったり、最悪の場合はどこにも取り上げてもらえないので気を付けてください。
実際に配信される媒体数は、サービスによってまちまちですが、配信サービスを提供する会社によって、数百社を選定して配信しているサービスと、配信が可能な全媒体に配信するサービスがあります。
前者の場合は媒体を選んでプレスリリースを配信しているので、掲載される確率が高いとも考えられ、後者の場合は多くの配信先に送って、どこかの媒体に取り上げられるとも考えられます。
配信サービスを提供する会社によって、配信できる媒体が異なったり、媒体側の会社や記者との親密度もあるので、実際にいくつかの配信サービスを試しながら、あなたが狙っている媒体との相性を確かめていきましょう。”

文字組み

文字を組み合わせてページデザインを行うことを「タイポグラフィ」と呼んでいます。デザインという歴史の中では、タイポグラフィを使った表現からグラフィックデザインを活用するまでに至る様々な考えや美学などが生まれてきたと言えるでしょう。文字を組み合わせていく際に気をつけなければならない要素として「書体」、「文字サイズ」、「行送り」、「行間」、「行長」、「行揃え」、「仝」、「時間調整」といったものを含め、その目的や読み手への配慮から実に様々な点に注意して設定する必要があると言えるでしょう。ホームページ作成など、ウェブ上で扱われる文字サイズの一般的な単位は「ポイント」と呼ばれ、1ポイントは約0.35ミリと定められているようです。また、行送りというのは、1行の文字の大きさと行間の設定と言えるでしょう。行送りにおいては、文字のサイズや行長などを充分に考慮した上で、テキスト内のそれぞれの行や改行といったものを、ストレスなく目で捉えることができるように調整することが大切と言えるでしょう。行揃えというのは、それぞれのテキストの行のどの部分を基準にして揃えていくかという設定のことを指しており、例えば文章であれば左側を基準として揃える、タイトルや見出しであれば中心を基準として揃える、数字を扱うのであれば右側を基準として揃えるなど、それぞれの目的などによって選択していく必要があると言えるでしょう。この際、同時に禁則処理やぶら下がり、配布ネーションといった処理も行っていけると良いでしょう。また、ある文字の中心から次の文字の中心までの長さの設定を「仝」とよび、基本的には文字と文字の間隔は均等になるように調整すると良いでしょう。そして、この文字と文字との間隔を、隣合わせる文字に合わせ個別に調整していくことを「時間調整」と呼んでいます。

コミュニケーションマネジメント

コミュニケーションというのは、提案や見積もりに先だって発生するものと言え、ホームページ作成プロジェク卜の初期段階から計画しておくことが望ましいと言えるでしょう。理想としては、過去の実績と言ったものをもとにして、ルールのひな形などが用意できればベストと言えるのではないでしょうか。コミュニケーシ ョンと言った視線から計画を立てていく際には、プロジェクトにおけるステークホルダーが誰かということや、発注者もしくはステークホルダーは、会社の体制のどの位置にあるかと言った点を明確にしておく必要があるでしょう。それによりコミュニケーションを取る際、注意すべき点や、力を入れるべき点などを明確にしていくことで、スムーズな計画を立てていくことが望ましいのではないでしょうか。「コミュ二ケーションマネジメント計画書」というのは、連絡手段や頻度の定義といったものだけに終始せず、相手方からのフィードバックについても言及していくことが大切でしょう。記載項目としては、 先ほど提示した通り「ステークホルダーは誰か」といった点や、「各セクションが必要としている情報は何か」といった点、「コミュニケーションマネジメント計画書の変更手続き」に加え「コミュ二ケーション手段ごとの頻度」などが挙げられるでしょう。プロジェク卜を実行していく際には、こういったルールを軸としてコミュニケーションをはかっていく必要があると言えるでしょう。そのため、ルールは堅すぎても守ることが難しいでしょうし、流動的すぎては意味をはっきしないため、その会社に適したものを用意することが必要不可欠であると言えるでしょう。ステークホルダーの性質や役割を詳しく理解することや、メンバー交替に伴うルールを変更といったことも柔軟に対応できる環境を整えておくことが望ましいでしょう。プロジェク卜の課題や変更点などを記録し、結論や結果を得るまでの詳細をログとして残していくといったことも大切なポイントのひとつであると言えるでしょう。

専門用語

制限語彙やシソーラスの分野というのは、専門用語がで中心になっており、専門分野で勉強していない担当者にとっては非常にややこしいものという位置づけがなされているのではないでしょうか。ホームページ作成にあたり、こう言ったものは基礎知識として身につけているかどうかという点で、作成されるページにも影響が出てくると言えるでしょう。まず「優先語」=PT:Preferred Termというものを説明していきましょう。これは、受容用語=accepted term、受容価値=acceptable value、件名標目=subject headings、ディスクリプタ=descriptorとしても知られており、全ての関係の定義の軸とされているものと言えるでしょう。次に「変形語」=VT:Variant Termを見てみましょう。これは、エントリー用語=entry terms、非優先語=non-preferred termとしても知られており、優先語の同義語や、相当する言葉として定義されているようです。さらに「広義語」=BT:Broader Termというのは、優先語の親と表現されており、階層の1つ上のレベルにあります。更に「狭義語」=NT:Narrower Termというのは、優先語の子として扱われ、階層の1つ下のレベルにあると言えるでしょう。また「同義語」=RT:Related Termは、結合関係によって優先語につながるものとされ、「使用」=U:Useというのは、インデクサーとユーザーを対象とした技術として構文を採用しているとされています。他にも「優先関係」=UF:Used Forというのは、言葉の相互関係を示すものとされ、優先語に対する変化形の全てをリスト表示するために使用されるものと言えるでしょう。最後に「スコープノート」=SN: Scope Noteを見てみましょう。本来であれば優先語を定義すると言ったものではなく、可能な限り言葉の曖昧さと言ったものを取り除き、限定した意味を伝えることが目的とされているものと言えるでしょう。以上を見ると、語義の世界の中心には優先語が存在していることになりますが、優先語として扱われていた言葉でも、例によっては広義語、狭義語、関連または変形語として表示されることもあるということがわかるでしょう。基本的な知識を身につけておくことで、初歩的なミスを減らしていくことは、ネットビジネスにおいては大きな積み重ねになっていくと言えるでしょう。

多様性の尊重とビジネス

ビジネスの世界では、ますます人文学の素養が求められるようになると言われています。それはユニークな発想を必要とするからです。リベラルアーツを身に付けた人材には色々な引き出しがありますし、他人の意見を尊重することが出来ます。つまり多様性に理解があるのです。多様性は社会が重視する価値でもあるため、企業が組織としてリベラルアーツを評価すれば、社会に受け入れられやすくなります。では多様性とは具体的にどのような概念を言うのでしょうか。ビジネスの世界に限らず、ある問題を解決するためには、物事の本質を探り当てなければなりません。この本質を見極めようとすると、どうしても様々な観点で観察する必要に迫られます。つまり多くの視点を持つことが出来れば、具体的な課題が見つかりやすくなるのです。この問題解決プロセスこそ、多様性を重視した結果成立するものです。多くの視点を持つというのは、簡単に言えば自分の常識に囚われない態度を指します。様々な知識を蓄えることで、自分の常識を疑えるようになります。そうすれば、単に論理力に優れているだけの社員と競争した時、差をつけることが出来ます。ビジネスにはロジカルシンキングも必要ですが、全体的な設計において審美眼も求められるからです。とはいえ、ロジカルシンキングが出来ることは前提ですから、まずは論理力を身に付けることが大切です。特にエンジニアには欠かせない能力であり、課題設定する際にも問われるものです。ロジカルシンキングは大学卒業程度の知性があれば、訓練次第でその能力を高めることが出来ます。ですから研鑽を積んでいる社員同士が争っても、それほどの差は生まれないでしょう。ロジカルシンキングをクリアできれば、後は構想力が求められることになります。この構想力は上述したように審美眼に近い概念ですから、デザイン力と換言してもよいでしょう。デザイン力は創造力の高い人が有している能力であり、ビジネスの世界ではそれを実践の場に活かすことが必要です。

SEOのキホンのき

一昔前、一世風靡したかのように思われた「携帯電話」ですが、現代ではさらなる進化を続け「スマートフォン」という姿で広く普及しています。従来までは単なる伝達手段の一つというツールとしてしか利用されていなかったものですが、現代では伝達手段という働きのほか、もはやパソコンの機能を搭載したものと言えるでしょう。この発展により、インターネット利用は手元のスマートフォン一つあれば可能になったのは驚くべき発展と言えるのではないでしょうか。私たちの生活の変化はもちろんですが、検索エンジンの情報収集方法というのも従来のパソコン主体のものからモバイルサイトを主体としたものに変化していると言われています。しかし、SEOの形態や概念というものが全て変わるというわけではなく、対策のベクトルが単に、モバイル専用ページへと移行しているというだけとも言えるでしょう。従来通りパソコン専用のサイトの評価もまだまだ重要ということは間違い無いでしょう。最近「モバイルファーストインデックス」という言葉を耳にするようになりましたが、主体が全てスマートフォンになったということではなく、情報収集のための方法とベクトルが少し変わったというだけで、基本的に評価に対して大きな影響を与えるものではないということを抑えておくと良いでしょう。検索エンジンの運営側も、実際に大幅な順位変更になってしまわないよう、サイトを公開する準備ができているということを確認した上インデックスするように対策がされていると言います。全く今まで通りということもないのが正直なところですが、基本的にユーザーにとって良い環境のサイトと、モバイル専用サイトを作るように心がけておくことができれば、SEO的には大きく影響はないと言えるでしょう。再び利用したいと思うサイトというのは、閲覧媒体に関係なく、しっかりと評価がされていくのではないでしょうか。

サイト上の集客アップ

 皆さんが自身のサイトを多くの人に訪れていただくことで、集客アップを図りたいと言うのであれば、真っ先に SEO 対策が浮かぶのではないでしょうか。実際に、 SEO 対策を個人で行う場合は、その知識を十分に得たり、多くの技術や期間が必要となってくるでしょう。専門的な業者に、対策を依頼するとなっても、実際には、SEO対策に関する、知識の乏しい業者などに依頼をかけてしまうと、長い時間をかけ高額な費用を費やしたとしても、十分なメリットを受けられずに、終わってしまう可能性もあります。 SEO 対策に関しては、様々なノウハウが必要となり、確実にその効果を上げるためには、何よりも十分な知識を持った、経験豊富な業者に依頼をかけることが重要です。 SEO に関する発注が、初めてであるという方に関しては、出来る限り知人や、取引先などの関係者を通じた形で、業者を紹介してもらうなどの対策が何よりも良いのではないかと思われます。実際に、大企業などのブランド力に頼って依頼をかけたとしても、実際に作業や業務を行っているのは、皆さんが見聞きもしたこともないような中小企業であったりするケースもありますので、大企業のブランド名だけに頼り、ブランド力を過信し過ぎるということは避けましょう。