コミュニケーションマネジメント

6月 15, 2020 Uncategorized

コミュニケーションマネジメント

コミュニケーションというのは、提案や見積もりに先だって発生するものと言え、ホームページ作成プロジェク卜の初期段階から計画しておくことが望ましいと言えるでしょう。理想としては、過去の実績と言ったものをもとにして、ルールのひな形などが用意できればベストと言えるのではないでしょうか。コミュニケーシ ョンと言った視線から計画を立てていく際には、プロジェクトにおけるステークホルダーが誰かということや、発注者もしくはステークホルダーは、会社の体制のどの位置にあるかと言った点を明確にしておく必要があるでしょう。それによりコミュニケーションを取る際、注意すべき点や、力を入れるべき点などを明確にしていくことで、スムーズな計画を立てていくことが望ましいのではないでしょうか。「コミュ二ケーションマネジメント計画書」というのは、連絡手段や頻度の定義といったものだけに終始せず、相手方からのフィードバックについても言及していくことが大切でしょう。記載項目としては、 先ほど提示した通り「ステークホルダーは誰か」といった点や、「各セクションが必要としている情報は何か」といった点、「コミュニケーションマネジメント計画書の変更手続き」に加え「コミュ二ケーション手段ごとの頻度」などが挙げられるでしょう。プロジェク卜を実行していく際には、こういったルールを軸としてコミュニケーションをはかっていく必要があると言えるでしょう。そのため、ルールは堅すぎても守ることが難しいでしょうし、流動的すぎては意味をはっきしないため、その会社に適したものを用意することが必要不可欠であると言えるでしょう。ステークホルダーの性質や役割を詳しく理解することや、メンバー交替に伴うルールを変更といったことも柔軟に対応できる環境を整えておくことが望ましいでしょう。プロジェク卜の課題や変更点などを記録し、結論や結果を得るまでの詳細をログとして残していくといったことも大切なポイントのひとつであると言えるでしょう。

admin

投稿者:admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です