検索エンジンをだます行為は駄目

検索エンジンとSEO対策の現状はどうなっているのでしょうか。現在の検索これからのSEO対策の方向性を確認しましょう 。
これまでは検索エンジンの技術が低く、「検索エンジンをだます」手法が高い効果を発揮してきましたが、 2000年代後半から検索エンジンの技術が飛躍的に高まり、だます手法はほとんど適用しなくなってきています。そのため、初期のSEO対策で横行した単純な対策はすぐに発覚し、ペナルティを受けることになります。また、外部リンクを集める対策も、効果が低下してきているとともに、発覚してペナルティを受けるリスクも高まっています。コンテンツは文脈が解釈されるようになり、キーワードも対象キー
ワードそのものだけでなく、 関連ワードも評価されるようになり、コンテンツのレイアウトも評価の対象になるなど、検索エンジンの評価方法はより複雑に、より正確になってきています。

IT技術やWeb世界の進歩の速さを考えると、検索エンジンの技術はとれからも停滞することなく進歩していくと考えられます。そのため、 一時的に効果があったとしても、 検索エンジンをだますSEO対策は長期的に見れば効率の良い対策とはいえません。ま
た、検索エンジンをだます行為は、検索結果とコンテンツの内容が合致しないため、利用者を落胆させ、2度と訪問させなくする行為でもあります。検索エンジンは、「利用者の希望」を叶えるための評価基準を追及しているので、検索エンジンが「良いと評価
するもの」は、「利用者が求めるもの」でもあります。検索エンジンの求める「利用者の希望を叶えるWeb サイト」を作成することが、長く効果のあるSEO 対策になると同時に、利用者に価値を提供し、長く愛され使われ続けるWeb サイトにもつながるのです。

One Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *